座うたざ

稽古日誌

オペラ「十二夜」

2013-05-04-1949571稽古日誌を更新しないうちに、十二夜の公演が近づいて参りました。いっきに2年とんで、現在の稽古風景をお届けします。

某シーンの女優陣+代役1名。顔が積まれてます。

一週間前。

あれよ、あれよという間に、本番一週間前になりました。

きっと、この一週間は、瞬きをしているうちに過ぎてしまうのでしょうね??

役者は、セリフと歌のことで、頭がいっぱいです。

演出は、もっと面白い芝居にできないかと、考えています。

制作は・・・・・・。

もっと、もっと、チケットが売れないかと、頭を悩ませております。

こんな私のために、是非皆さま、観にいらしてください。

お願いしますm(_ _)m

制作 しみず

W演出。

いつもこんにゃく座で全国を飛び回っている大石さんのスケジュールは、とてもタイトです。

そんな大石さんに演出をしてもらうには、企画的に稽古スケジュールを組みます。

21:50名古屋発の新幹線に乗るために、21:30には稽古場を出なければいけないとか・・・。

先週末は、大石さんも、平塚さんも揃う、貴重な稽古でした。

2人で椅子を並べて、役者の演技を見ます。

大石「ここのところは、もっとふざけた感じにしていんだよねぇ・・・。」

平塚「そうですよねぇ・・・・。」

などと、ひそひそ話しています。

そんなだから、見られている役者も緊張します。

ここが正念場ですね。

頑張りましょう!!

            制作 しみず

 

リトライ。

dscf07581

 

やっと撮影に成功しました。

演出、平塚さんです。

イヤがるところを、無理やり撮りました。

「好きにすればいいじゃん」と、愛用のiphoneに向かったところです。

平塚さんも、大石さんも、演出の2人は、写真を撮ることを恥ずかしがります。

困ったものですねぇ・・・・・・。

 

ハーモニー。

そろそろ、少しの音ズレも、許されない時期に入りました。
20人ちかくの斉唱をする場合、1人でもズレると目立ちます。
そんな時は、ベテランの池田さんの登場です。
耳を澄ませて、音の正確さを聞き取ります。
「う~ん・・・もうちょっと言葉の発し方が良いとね・・・」
など、的確な指摘があります。

だんだん、素敵なハーモニーになっていますよ!!